日創研は階層別のカリキュラムを用意する

日創研は階層別のカリキュラムを用意する

日創研は今までに、多くの中小企業に対して研修や教育を実施してきたといいます。中小企業の社員や幹部達に教育を施すことによって、もっと中小企業に活性化してもらおうと考えているのだそうです。そうすることによって、日本経済全体がもっと元気になることを願っているといいます。日本経済に貢献することを目指して、日創研は事業を展開しているのだそうです。

 

そんな日創研では、階層別の教育カリキュラムを用意しているようです。会社の中には社長や幹部、社員といった人達がいます。それぞれに求められている能力というのは異なっているのです。それぞれが必要となる能力を高めることができて、職場でしっかりと力を発揮できるように応援しているというのが日創研です。そうすることによって、三位一体の経営が可能になると考えているといいます。このような経営を実現するための教育カリキュラムを用意しているのが日創研です。

 

たとえば、日創研では社長のための教育を実施しているようです。社長は5年から10年先のことを考えて、意思決定ができなければいけません。会社の今後のあり方や行き先を決めるという、大事な役割を果たすことが求められているのです。社長がこのような役割をきちんと果たせるように、能力を引き出しているというのが日創研の教育です。こちらではビジョン構築力や理念構築浸透力、戦略構築力を伸ばすことができる教育を展開しているそうです。

 

また、日創研は管理力を高めるための研修を実施しているようです。こちらは主に幹部社員を対象としたものとなっています。1年から3年先のことを見越して、意思決定することが求められます。会社方針をきちんと把握して、それにしたがって行動できることが求められるのです。幹部社員に対して日創研は、計画実行力や進捗管理能力、部下指導力を高めるための教育を行っているといいます。

 

さらに日創研では、一般社員に対して現場力を高めるための研修を実施しているようです。毎月や年間の目標を、きちんと達成するための能力を鍛えていくといいます。そのために顧客満足力やホスピタリティ、情報収集力を伸ばしていくのだそうです。

 

これからも日創研は、多くの社員や幹部、社長に対して教育を展開していくでしょう。階層別のために、大きな効果を期待することができるのです。これまでに、たくさんの中小企業に教育を提供してきた実績があるといいます。これからも中小企業の応援をしていき、それによって日本社会に活気を取り戻したいと考えているのだそうです。このような活動は評価されており、こちらの教育を頼りにしている企業はたくさんあるということです。

更新履歴